人事担当者失格

すべての元凶は自分

「自分の殻を破れ!!」と「温度差」というブログで書いてきたことについて、本当の元凶が自分であることに気づく。

全く

相手の意図が汲み取れていなかった。自分の暴走。

何度も

「そうじゃない」という警告をもらっていながら、結局は自分の思い込みで走っていた。

善かれと思ってやっていても

それが相手にとってはストレスだった。それを表情や態度から読み取っていかなければならないのに、全く読み取れていなかった。

完全に自己満足してただけだった。

人事担当者失格

と言われてもおかしくない内容。自信も喪失している。

喋りすぎる弱点

それが露呈した格好。本当は見えない部分を見せているという自己満足が招いた、最悪の結果。

ずっと悩み続けて

覚悟を決めて挑んでも、方向性がまるで違っていた。

「次に活かしてください」

それでも、そんな言葉を掛けてくれる。本当に感謝しかない。

助けてあげるのではなく

人事担当者としての仕事をしっかりとすること。周りから求められているのは、常にこういうこと。それを都合よく解釈するから暴走が起きる。

沈黙

この反省を活かして、しばらくは喋らないことを意識して、日々を過ごします。

その先に

人事担当者として、パワーアップした自分の姿が見れることを信じて。

現実はかなり落ち込んでいる。