佐久長聖高校初戦突破

その他

記念すべき

第100回全国高等学校野球選手権記念大会が、阪神甲子園球場で行われている。

我らが長野県代表は

2年ぶり8回目の出場の佐久長聖高校

初戦が

8月6日の第4試合で行われた。

相手は

南北海道代表の旭川大学高校

甲子園史上初のタイブレークへ

この試合は、延長12回でも決着がつかず、甲子園史上初めてのタイブレークに突入。

タイブレークとは

延長十二回を終えて同点の場合、十三回からは無死一、二塁、打順は前の回から続く「継続打順」で始め、決着がつくまで続けるルール。

今年の

春の選抜高等学校野球選手権大会から導入されたタイブレーク方式。

しかし、春は延長戦までいっても12回までで決着したため、タイブレークの試合はなかった。

歴史的勝利

延長14回の表に勝ち越し点を決めた佐久長聖高校が、その1点を守りきり初戦突破。

タイブレークでの初勝利高校となった。

初戦突破

おめでとうございます。

しかも

長野県勢夏の甲子園60勝という節目の勝利でもありました。

タイブレーク方式は

独特の緊張感があり、特に先攻のチームは点を入れられないと、そのすぐ裏の相手の攻撃でサヨナラのランナーを2塁に背負ってのスタートになるので、テレビ観戦していても緊張感がすごくありました。

今回の試合を受けて

勝ち進んでいる各出場高校の監督は、タイブレークに突入した場合も想定して戦う必要が出てきそうです。

次戦は

同じく初戦を突破した、富山県代表の高岡商業高校と8月13日の第2試合で対戦します。

県代表の活躍はうれしい

佐久長聖高校の関係者及び、長野県のみなさん。

全力で応援しましょう。