【読破】新世界レビュー

自己投資
水たき料亭 【博多 華味鳥】

西野亮廣さんの最新刊

「新世界」を読破。今回は初めて1冊の本を部分的に様々な方法で読むということをしました。

これは、西野さんの試みを全て体験してみたことになります。 クロノセル

第1章貯信時代は

Amazonの特別先行配信無料版で読みました。きっとこの無料版を読んで、早く本が欲しくてたまらなくなった人が多かったのではないでしょうか。

 amzn.to
【特別先行配信無料版】新世界 (単行本) | 西野 亮廣 | 趣味・実用 | Kindleストア...
https://amzn.to/2SbjEbP
Amazonで西野 亮廣の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

”はじめに”は西野さんの朗読で

Youtubeにアップされていた朗読を朝聞いて、泣きそうになったのを覚えています。

キングコングさん

私とほぼ同年代のキングコングさん。確かに若い頃から大活躍のイメージがあった。漫才にはスピード感や躍動感があったり、テレビでもそれぞれのキャラクターが活かされていた。でも、本書を読むまでその裏側にある圧倒的な努力に触れることはなかった。

“はじめに”では、相方の梶原さんが行方不明になった時のことも赤裸々に綴られている。相方の異変に気づいていながらも、見過ごしていた等。そして、相方が戻ってくるまで一人での活動はせず、待ち続けた。理由は「漫才がしたいから」。この辺が自分としてはかなり涙腺を刺激される内容だった。

Wash Close

お笑い界の大御所との距離

キングコングとして復活を果たして、超売れっ子芸人なってなお感じた大御所との距離。自分が見ていた世界がここまででは寂しすぎる。自分を応援してくれているファンのことを思うと、ここまででは申し訳ないという思いが西野さんを変えていく。

【プラズマローゲン18000】

“勝てるところ”で勝負する

まだ大御所が進出していない”勝てるところ”を探し、ビジネスに進出していく。

私の仕事でも言える話。周りと同じ土俵で戦って勝つからからこそ意味があると考えがちだか、実はそんな非効率で不器用な方法はない。レッドオーシャンやブルーオーシャンと言われるが、本来自分の得意としている分野で、ライバルが少ないニッチなところで圧倒的な努力をすれば勝率が高まることは明白。これは、「今でしょ」の林修先生もテレビで言っていたのを聞いたことがある。

ノーリバンド

信用を貯めて、それがいつしか換金される時代へ

きっと元からそうなのであるが、それがより明確になっていく時代。仕事に置き換えても「あの人なら」や「あの人に任せておけば」という場面は多いはず。これがまさに”信用”ということになる。そしてそれを如何に貯めるかということ。信用があるからこそ、「あなたの頼みなら」という状態になる。

信用はある程度付き合わないと見えにくい部分があって、可視化出来ないことが問題だったが、西野さんや西野さんのオンラインサロンのメンバーが解を出してくれた。

いぬはぐ

信用=文字数

本書では「寄せ書き」というとても分かりやすい例えが出てきて理解しやすいが、信用は文字数に置き換えられという発見は画期的だった。そこから「レターポット」いうサービスにまで発展させる力に、西野さんやオンラインサロンメンバーのすごさを感じる。

それも、「ボクの父ちゃんのような『無名な正直者』が、恩恵を受けていないんだ。」というところが出発点になっているところに西野さんの思いやりが感じられる。

 【AT独占】クラウドモバイル

文字もまた有限

気づいていなかった視点。考えてみれば当たり前なのだが、全く気づいたり・気にしていなかったりということに出くわすことがあり、まさにこれはその類。

人間の命が有限であるので、その人間が使う文字も有限であるのは当然こと。ただ、命以上に有限であることに気づいていないから、汚い言葉やひどい言葉を発してしまう。それを本書では、「甘え」と表現されている。

「今日が人生最後の日だったら」という問いはよく見かけるが、同じように「今発している言葉や書き連ねているものが最後の文字だとしたら」という問いも発生する。

日々の一言一言、一文字一文字を大切にしてこなかった自分を猛省し、文字への考え方を改めるきっかけを頂けたことを感謝したい。

ストレッチパンツ専門店 ビースリー公式通販サイト

“おわりに”でのメッセージ

西野さんから背中を押してくれるメッセージがつまっている”おわりに”。ただ、押してくれるメッセージだけではなく、どうしようもない時は「逃げる、とことん逃げる」ことの重要性もメッセージとして届けてくれている。

「逃げる」という選択肢があることで、さらにとても大きな勇気を西野さんから貰った気がした。

そして、西野さんはこの「逃げる」ということについて、当然読者に向けたメッセージなんだろうけど、”はじめに”を朗読で聴いた私にとっては、相方の梶原さんに向けたメッセージに感じて、涙腺がヤバかった。

美巡食

新世界

西野亮廣さんに

直接お会いして話を聞ける講演会が、明日私の住んでいる長野市で行われます。

チケットはすでに完売。

参加されるみなさん、全身で西野亮廣さんを体感しましょう。

「キングコング西野亮廣による講演会」

20181128()

17:00 開場
18:00 開演
19:30 終演予定

@ホクト文化ホール(小ホール)
長野県長野市若里1-1-3